オープンカー

マツダ・ロードスター

世界中においても、このオープンカーほどに大ヒットをしたオープンカーは無いと言っていいでしょう。このクルマの車名がそのままクルマのひとつのジャンルとして確立されるくらいの大ヒットになったことで、一躍このオープンカーを作った日本の自動車メーカーはオープンカーのジャンルにおいてトップクラスに躍り出ました。それが広島県に本社を構えている「マツダ自動車」です。

 

 

そしてこのマツダが発売したオープンカーが「ロードスター」でした。ほかのクルマの名前やグレードの一部にもこのロードスターと言う名前が使われるくらいに浸透することになったのも、このロードスターの世界的なヒットがあったからなのです。低価格なオープンカーであることから身近なオープンカーとしても注目を浴び、一般のお客さんだけでは無くマツダの社員の中でも予約が殺到したほどでありました。

 

 

このロードスターは最初は1600ccのエンジンを搭載していましたが、マイナーチェンジで1800ccのエンジンを搭載するようにもなりました。それから2代目へと進化して固定型のヘッドライトになり、3代目の現行モデルにおいては3ナンバー規格で2000ccのエンジンを搭載しています。

 

 

 

 

 

マツダ・ロードスター関連エントリー

マツダ・ロードスター
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ホンダ・S2000
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
トヨタ・MR−S
大好きなオープンカーのこと、あれこれ
ダイハツ・コペン
大好きなオープンカーのこと、あれこれ